DISC REVIEW

Royal Blood(ロイヤルブラッド)待望の3rdアルバム!!『TYPHOONS』を解説

こんにちは!リョーマです。

今回はイギリスのロックバンドRoyal Blood(ロイヤルブラッド)4年ぶり待望の新譜『TYPHOONS』をレビューします。

りょーま
りょーま
イギリスのロック界期待のデュオ・ロイヤルブラッドの3rdアルバム!

Royal Bloodとは?

2013年イギリスのブリストンで結成された「Royal Blood(ロイヤルブラッド)」。

バンドといっても二人組。

ベース&ボーカルのマイク・カー(写真左)とドラムのベン・サッチャー(写真右)。

リフ主体のロックで、ベースとは思えない重厚な音が魅力です。

同じくイギリスの人気バンド・アークティックモンキーズのドラマー=マット・ヘルダースが、音楽フェスティバルでロイヤル・ブラッドのTシャツを着ていたため、知名度が急上昇しました。

 

 

3rdAlbum「Typhoons」

2017年に発売された2ndAlbum「How Did We Get So Dark?」から4年ぶりの新作がついに発売されます!

<収録曲>
1. Trouble’s Coming / トラブルズ・カミング
2. Oblivion / オヴリヴィオン
3. Typhoons / タイフーンズ
4. Who Needs Friends / フー・ニーズ・フレンズ
5. Million & One / ミリオン & ワン
6. Limbo / リンボー
7. Either You Want It / イーザー・ユー・ウォント・イット
8. Boilermaker / ボイラーメイカー
9. Mad Visions / マッド・ヴィジョンズ
10. Hold On / ホールド・オン
11. All We Have Is Now / オール・ウィー・ハブ・イズ・ナウ

 

 

先行配信曲を紹介

Typhoons

4つ打ちビートのタイトル曲!!

ダンサブルなのにリフがキャッチー。

ロイヤルブラッド節全開です。

 

Trouble’s Coming

ミッドテンポのダンサブルな曲!

リフに絡み付くようなボーカルが最高です。

 

 

まとめ

2021年現在、コロナ禍でライブが見れないのは残念ですが、こうやって最高の曲を届けてもらえるのはありがたいです。

これから聴き込んでいきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

良い1日をお過ごしください。

りょーま
りょーま
ヘビロテ間違いなし!!