介護士の転職

【経験談】介護業界の新人さんへ伝えたいこと【メッセージ】

こんにちは。

現役ケアマネージャーリョーマ@Ryoma_Sugiです。

りょーま
りょーま
今日は4月から介護業界で働く新人さんへのメッセージです

介護業界で働く新人の方へ

先日こんな呟きをしました。

 

これは介護業界で約10年働いて感じている本心を呟きました。

 

「介護業界って、どこか閉鎖的で、世間とずれているかもなあ」

 

と、常々思っていて、もちろんこれは自戒を込めてそう思っているのですが、

そういった「世間とのズレ」はこの業界に染まってしまうとそれが当たり前になって

気づくのが難しくなってしまうんですよね。

 

つまり、「新人の目線が一番世間に近い」=超貴重な意見だと思うのです。

 

Twitterに書いた内容を少し掘り下げて書いてみたいと思います。

 

対利用者について

普段私たちが当たり前にしていることも介護施設という閉鎖的空間では許されないこともあります。

私がいた以前働いていた特養では、

・勝手に物を買ってはダメ。

・歩けるのに、安全のためと言って歩かせてくれない。

・お風呂に毎日入れない。

・食べたいものが食べられない。

・家族と話すことに許可がいる。

・自由に外出できない。

など、あげればキリがないほど違和感があることがたくさんありました。普通に人権侵害ではないかと思うほど。

もちろん介護の人員体制として現実問題難しい事がありますが、自分達が普通に行っていることもできない現状に対して「違和感」を持ち続けてほしいと思うし、「ではどうすればできるのか」ということまで考えてもらえると嬉しいです。

対法人について

仕事としての目線です。

この業界では宗教が源流にあるという事もあるのか、今でも「無償」の奉仕精神が根強く残っているように感じます。

低賃金が当たり前のこの業界において、有給消化ができない、サービス残業がある、など労働者にとってさらに過酷な労働環境である法人もあります。

先輩たちがそれを普通にしていたとしても、当たり前と思わず「これはおかしい」と感じて、声をあげるか辞めるか、早めに行動をしてほしいと思ってます。

新人を受け入れる介護業界の先輩へ

前述のように介護業界に新しい視点を持つ新人に対して、意見を言いやすい環境を整える必要があると思います。

もちろん職場環境として意見の言いづらい職場もあると思いますし、他人を(ましてや上司を)変えるのは難しいので、まずは自分だけでも良いと思うのです。

 

「後輩が意見を言いやすいようにしよう」

と思うだけでも良いのではないでしょうか。

 

 

そもそも人手不足の現状に対してこの業界を選んでくれた時点で重な存在ですよね。

 

特に新卒で入ってきた方などは超貴重。

 

「新人は宝である」

 

それくらいの認識のもとに大切に育てていきましょう。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!