MUSIC

Daft punk(ダフトパンク)が解散!その理由とは?

こんにちは、リョーマです。

2021年2月22日、エレクトロ界のレジェンドDaft punk(ダフトパンク)の解散が発表されました!!

その昔、サマーソニックというフェスで彼らを生で観て、みんな踊り狂っていたことを昨日のように思い出します・・。

さみしいですが、解散の詳細についてお伝えします。

 

りょーま
りょーま
知っているバンドやユニットが解散を発表すると、本当にさみしいですよね。

 

ダフトパンク(Daft Punk)とは?

ダフト・パンクDaft Punk)は、1993年結成されたフランスのハウス/ディスコ/エレクトロ・デュオです。

メンバーはトーマ・バンガルテル(左)とギ=マニュエル・ド・オメン=クリスト(右)の2人。

常にフルフェイスのヘルメットを被り、近未来感のある世界観が彼らの特徴です。

日本とも交流が深く、銀河鉄道999で有名な松本零士氏がアートワークを手がけたこともあります。

 

 

新作動画「Epilogue(エピローグ)」の内容は?

 

エピローグとは、文学作品や映画、ドラマなどで物語を完結させるため、

物語中の視点から描かれた結末の部分のことです。

ちなみに、冒頭の部分はプロローグといいます。

つまり、エピローグと名付けられたこの動画こそがダフト・パンクというユニットの完結を意味するのです。

 

先にネタバレすると、この動画は「エレクトロマ」という2006年に彼らが製作した映画のラストシーンです。

つまり、再編集された新作動画ではありますが、撮り下ろし動画ではありません。

 

エピローグの内容は?

簡単にエピローグの内容を解説します。

※注意:以下、動画のネタバレを含みます。

 

荒野を歩いているダフトパンクの2人。

右側の金のヘルメットがトーマ、左側の銀のヘルメットがギ=マニュエルです。

どこかで音楽がなるかと思いきや、ずっと無音のまま。

トーマの歩みが遅く、徐々に引き離されていきます。

ついには、歩みが止まってしまいました。

それに気づいたギ=マニュエルは引き返します。

見つめ合う2人。

すると、トーマが上着を脱ぎはじめます。

 

上着を脱いだところで、クルッと後ろを向くトーマ。

背中に何やら明らかに怪しいスイッチがついています。

無言でゆっくりとスイッチを押すギ=エマニュエル。

60秒のカウントダウンが始まりました。

ゆっくり歩き始めるトーマ。

 

そして、

爆発。

ここから音楽が始まります。

「1993ー2021」と書かれたカット。

そして、太陽に向かって歩くギ=エマニュエル。

 

エモい。

エモすぎます。

 

 

解散の理由は?

ローリングストーン誌によると、長年の代理人であるキャサリン・フレージャーも解散を認めているが、その詳細は明らかにされていないそうです。

つまり、理由はわかっていません

 

ただし、長年のファンの間では、

「今更解散かー」

「別にあえて解散と言わなくてもいいのではないか」

などと、言われているように、近年はほとんど活動していませんでした。

 

名曲集

悲しみを乗り越えるために、彼らの楽曲を聴きまくるしかない。

というわけで、ダフトパンクの音楽沼へレディゴー!

 

 

ライブ映像になりますが、グラミー賞でのライブは圧巻の一言。

ポールマッカートニー、リンゴスターのビートルズメンバーから、エアロスミスのスティーブンタイラー、なんとオノヨーコまで、数々のスターたちを踊らせる彼らはすごい。

 

 

まとめ

解散となりましたが、長嶋茂雄風に言えば、

「彼らの音楽は永久に不滅です」。

これからもずっと聴き続けます。

持っていない方はぜひCDを手にとってみてくださいね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!